整形外科

        院長 森田 定雄
整形外科は約100年前に外科より独立した診療科ですが、長い歴史の割には整形外科を正しく認識している人は少ないようです。
日本では、平成6年より10月8日を「骨(ほね)と関節の日」と定め、一般の人たちに運動器の疾患についての理解を深めるための活動が行われています。当院は平成4年にJR白岡駅近くに開院し、リハビリテーションを中心として、運動器疾患の患者さんの治療に専念してまいりました。
近年患者さんの大半は運動器の老化が原因で起こる疾患で来院するため、まず痛みを和らげる治療から始まり、次に再発を予防するために運動器の機能を改善するリハビリテーションが行われます。
またスポーツによる障害や外傷で来院される患者さんも多く、痛みや腫れに対する治療はもちろんのこと、障害が起こった原因を見つけるため投球フォームなどのスポーツに関わる動きをビデオ等で分析し、再発予防に積極的に取り組んでいます。
 
今後も、患者さんのニーズに応えられる治療を実施し、早期の社会復帰、スポーツ復帰を可能にする医療、リハビリテーションを提供していきたいと考えています。
さいたま 白岡 整形外科 スポーツ整形 リハビリ 介護 福祉